【世界OMEPより】“ESD for ECCE”エラスムスOMEPプロジェクト(10/19開催)

 10月19日(水)、日本時間20時から24時にて、OMEPヨーロッパ5ヵ国共同プロジェクトである「エラスムスOMEPプロジェクト“ESD for ECCE”」の立ち上げイベントが開催されます。

 このプロジェクトは、EUが推進するエラスムス+計画の一環として幼児教育におけるESDの促進を図る保育者、養成教員、学生を対象としたプロジェクトで、具体的には幼児教育のためのESDのオンラインコースの開発と実施を目的としています。

 5つのOMEP委員会(スウェーデン、クロアチア、アイルランド、チェコ共和国、フランス)がプロジェクトに関わり、フランスのエクス・マルセイユ大学とのパートナーシップのもと、フランスで立ち上げイベントが開催されるというものです。この立ち上げイベントへのOMEP各国委員会のESDプロジェクト報告の要請があり、アジア太平洋地域からは韓国と日本が発表します。日本からは、大庭理事が平和に関するESDの取り組みについて話します。

 この「エラスムスOMEPプロジェクト“ESD for ECCE”」に関心のおありの方は、プログラムに示されているURLから参加登録をなさって下さい。

 なお、このプロジェクトについては、スウェーデンのイングリッド・エングダールさんがアテネ大会にて発表されました。この発表資料をエングダールさんの許可を得て、会員限定サイトに掲載していますので参考になさって下さい。