【世界OMEP Blog】世界平和の日を記念し大庭三枝会員のPeace Educationに関する論考が掲載されました (2021.10.13)

 "Celebration of Special Days"の一つ、International Day of Peace(世界平和の日9月21日)を記念して、大庭会員の論考”Exploring activities to learn the culture of peace in no-contact situations with children in Hiroshima – Commemorating International Day of Peace 2021(子どもたちと会えない中でも平和の文化を学ぶ活動を拓くinヒロシマ ― 2021年国際平和デーを記念して) – Mie Oba”が掲載されました。


 福山市(広島県)では、幼児向けの平和教育を子どもの発達に合わせて展開しています。大庭会員は2006年から「子どもたちに平和な心を育む3つのステップ」を開発しWorld OMEPの「ESD Award 2019」を受賞。その後も継続して、2020年から2021年にかけ、感染防止のための制限された状況のなかで、非接触型の方法を模索。幼い子どもたちが学生と共に大きな折り鶴を制作し、平和を考える表現活動を展開しています。


OMEP Blog での掲載は以下の通りです。


英語(原文):Exploring activities to learn the culture of peace in no-contact situations with children in Hiroshima – Commemorating International Day of Peace 2021 – Mie Oba – OMEP (omepworld.org)


仏語(原文):Explorer des activités pour apprendre la culture de paix dans la situation sans contact avec les enfants à Hiroshima – Commémoration de la Journée internationale de la paix 2021 – Mie Oba – OMEP (omepworld.org)


スペイン語(翻訳):Actividades para aprender la cultura de la paz en situaciones sin contacto, con niños en Hiroshima. En conmemoración del Día Internacional de la Paz 2021 – Mie Oba – OMEP (omepworld.org)