【募集延長】Color Your Rights -CRC(子どもの権利条約)アートプロジェクトへの参加の呼びかけ

最終更新: 11月16日

Color Your Rights

-CRC(子どもの権利条約)アートプロジェクトへの参加の呼びかけ―

 アートを通じて子どもの権利条約を周知し、保育実践に生かすプロジェクトです。会員の皆様にはぜひご参加ください。

 2019年7月、パナマの世界総会において、国連子どもの権利条約採択30周年を記念した子どもの権利条約を広く周知する世界OMEPプロジェクトとして、【Color Your Rights-CRC(子どもの権利条約)アートプロジェクト】が採択されました。今回は、OMEPキプロス委員会の責任の下、2018年にプラハの世界大会において、OMEP設立70周年を記念して開催された【Creative Art World OMEP Project】に引き続き、【Color Your Rights-CRC(子どもの権利条約)アートプロジェクト】を実施します。

 【Color Your Rights-CRC(子どもの権利条約)アートプロジェクト】の本来の趣旨は、子どもたち自身が、子どもの権利をどのように捉え、考えているかを、アートを通じて自由に表現してもらうことです。しかしながら、日本においては、子どもの権利が周知され、子どもの権利をベースにして保育を実践するという意識は、依然定着しているとは言えません。

 そこで、OMEP日本委員会では、【Color Your Rights-CRC(子どもの権利条約)アートプロジェクト】を、保育者とともに子どもの権利条約をベースにした保育を実践する機会と捉え、子どもの多様な表現を認め、保障するプロジェクトとして進めていく事といたしました。

 OMEP日本委員会では、子どもたちのアート活動のプロセスを通して、保育者が子どもの権利に基づく、保育の実践を考え、体験していく事を目指しています。ぜひ、CRCアートプロジェクトにご参加ください。

【PROJECTの実施方法】

  • Action①:子どもたちが自分の経験したこと、興味や関心のあるもの、自分の気持ちや思い、感じている世界などをさまざまなカタチで自由に描くための空間・時間・多様な素材・場の雰囲気(自由度)を保障する「環境(場)」を設ける。

  • Action②:自由に表現する子どものさまざまな姿(声、表情、つぶやき、やりとりなど)を書き留める。

  • Action③:この活動を通して、保育者が何を感じ・思ったかを書き留める。

  • Action④:自由な表現の場から生まれた作品に、②③をコメントの形で添える。

【CRCアートプロジェクトへの参加ご希望・ご関心がある会員の皆様へ】

 参加希望あるいは関心のある会員の方には、より詳しい内容をお伝えします。

 OMEP日本委員会HPの「お問合せ」欄から、件名に「CRCアートプロジェクト」と記入し、「イベント・募集」欄にチェックの上、メールにてお問合せ下さい。

(CRCアートプロジェクト担当) 島本一男、森眞理 (CRC) 内藤知美

事務局
〒102-0073

東京都千代田区九段北3-2-2 B・R ロジェ T-1
日本保育学会気付 OMEP日本委員会

  • Twitter Social Icon

【アクセス数】

© 2020 OMEP日本委員会

The Japanese National Committee of OMEP